『七島イ(しっとうい)』は、大分県の国東地方だけで生産されているカヤツリグサ科という植物で、畳の材料となります。
似ているもので「い草」がありますが、い草の断面は丸いのに対し、七島イは三角の形をしています。

七島イ(七島蘭)には、350年の歴史があり、琉球畳は本来、この七島イを使ったものを言います。

七島イの畳は非常に丈夫なことから、柔道の畳として利用されてきました。
ただ、七島イの畳表は、1農家で1日2畳程度しか作れません。
それほど、手間をかけている貴重なものなのです。

私たち『七島イ振興会』は、この七島イをもっと知って欲しい、使って欲しいと願っています。

2015年10月19日

HPの更新が出来ずご迷惑をおかけします。日々の更新はフェイスブックで行われておりますので、そちらをご覧下さい。https://www.facebook.com/%E3%81%8F%E3%81%AB%E3%81%95%E3%81%8D%E4%B8%83%E5%B3%B6%E8%97%BA%E6%8C%AF%E8%88%88%E4%BC%9A-220905014757455/

2013年7月17日

全国生活研究グループ連絡協議会さま視察

2013年6月25日

総会が開催されました。

2013年6月23日

建築家 坂茂氏視察

2013年6月10日

神奈川から畳業界の方が見学に来られました

▲ ページの先頭へ

お問合せ